歌う時やボイトレ時に力みが取れやすくなるストレッチ方法
充実のオンラインボイストレーニングを提供中♪

オンラインでのボイストレーニングではその特性上対面のレッスンより劣ってしまうと思われがちです。

 

しかし当スクールでは、オンラインに特化したPC、I PAD、ミキサー、オーディオインターフェース、マイク、シンセサイザー、エレキアコースティックギターやWEBプログラムを駆使しすることにより、対面のボイストレーニング以上の環境でレッスンを提供しています!

 

今ならオンライン体験レッスンが
時間延長&無料のキャンペーン中!!

 

歌というのは、喉や口だけではなく体全体を使って歌うものなんです。

なので、ここで紹介しているようなマッサージをしながらトレーニングをすると上達のスピードも加速しますよ♪

今回のコラムでは歌う時やボイストレーニング時に無駄な力み・筋肉の硬直などを軽減してくれるストレッチ方法を紹介します。

 

筋肉の動きは記憶され習慣化されます。

なので力みを取るマッサージをしながら歌ったり、ボイストレーニングをすると無駄な力が自然と取れていきます。

 

 

いくら歌を練習したりボイストレーニングを行ったとしても力みが残っていると効果が薄れてしまいますのでぜひ習慣化して下さい!

Let'sリラックス!

【参考動画】

 

 

ではマッサージ方法を紹介しましょう。

 

 

まずは肩を回したり首を振りながら歌ったりボイストレーニングをしてみましょう。

肩・首周辺には歌う時やボイストレーニング時に力みやすい筋肉が密集しています。

 

肩を回したり首を振ったりすると、力を込められなくなり無駄な力みが緩和されていくのです!

 

注意点ですが、
特に首を振る時ですが、首は固定してしまい肩を振ってしまう人がいますがそれだと意味がないので首を振る時はしっかりと肩は固定して下さい。

 

 

もう一つ紹介しておきましょう。

腕を上げて頭の後ろに手を持っていき、胸をはって肩甲骨を寄せて歌ったりボイストレーニングをしてみて下さい。

 

そうする事により肺が格納されている胸腔が広がる上に、背筋が使いやすくなりますので声が出やすくなります。

引用:http://www.hanakonote.com/kaibouseiri/hai1.html

 

ただし、何事もやりすぎは禁物です。

胸を張りすぎるとそれはそれで胸腔がいがむ上に力みを生んでしまいますので注意して下さいね!

 

 

追加で説明しておくと「高い声を出す際に力みを生んだり喉仏を上げる筋肉群とリラックス方法」で紹介している内容も合わせて行うとさらに効果が上がってきます!

 

 

特に高音のロングトーンで試してみて下さい

今回紹介した方法は普段歌う時やボイストレーニングをしてる時にも行って欲しいのですが、特に高い音で一定の音を伸ばすようフレーズ(高音のロングトーン)で行うと効果てきめんです。

 

 

高音のロングトーンはボイストレーニングの中でも難しい部類に入ります。

声を伸ばしているうちにドンドン力みが出てきてしまいます。

 

 

そして、個々人が特に苦手な所が力みが出やすいのです。

なので、高音のロングトーンで歌う時やボイストレーニングを行う時に、先に説明した箇所を色々マッサージしていって下さい。

 

 

そこで声が出やすい箇所を見つけられたら、そこがあなたの力みが出やすい所です。

そこを集中してマッサージしていくとドンドン力みが緩和されていきます!

 

 

ただし、

力を込めてマッサージしすぎると痛めてしまうので気をつけて下さいね!