ミックスボイス習得にも大切な舌のボイトレを紹介します!
Woman stick ones tongue out isolated in white
充実のオンラインボイストレーニングを提供中♪

オンラインでのボイストレーニングではその特性上対面のレッスンより劣ってしまうと思われがちです。

 

しかし当スクールでは、オンラインに特化したPC、I PAD、ミキサー、オーディオインターフェース、マイク、シンセサイザー、エレキアコースティックギターやWEBプログラムを駆使しすることにより、対面のボイストレーニング以上の環境でレッスンを提供しています!

 

今ならオンライン体験レッスンが
時間延長&無料のキャンペーン中!!

 

 

軽視されがちですが、舌のボイストレーニングは歌を上達させる上でとても重要なんです!
特に高音発声で重要なミックスボイスの習得に舌のボイトレは欠かせんまん。
長年ボイストレーニングをやってもあまり上達しない人が集中して舌のトレーニングをすると見違えるほど上達したり、高い声がいっきにでるようないなる事はよくあります!
舌のトレーニングは美容にもよく一石二鳥なのでぜひ参考にしてください♪

 

【動画の目次】
  • 0:00 オープニング
  • 0:44 「ラガ、リル、リチ、ガゴ、ギグ」トレーニング
  • 2:41 どうしても顎が動いてしまう、口が閉じてしまう場合は奥歯に割り箸をあてて発声しましょう!
  • 3:39 舌を出して「マン、ギ、グ」と発声する
  • 4:41 どうしても舌が奧に引っ込んでしまう人の対処法
  • 5:41 男性用練習音源1
  • 6:11 男性用練習音源2
  • 6:38 女性用練習音源1
  • 7:09 女性用練習音源2

 

高い声で自由自在に歌えるようになる為のミックスボイスの習得や、喉に負担をかけない発声を身に着けるなど歌全般に大きな影響を与える舌のボイストレーニング!

 

 

舌が歌に与える影響は大きく、舌のボイストレーニングをせずにその他の練習しても

 

思うように歌が上手くならないし、ぜんぜん高い声もでるようにならない。。。

 

という事態におちいてしまう事も多々あります。

 

 

なので今回の教材では

 

  • なぜ舌のボイトレが重要なのか?
  • 舌を鍛える具体的なボイストレーニング
  • 【美容にも効果あり!】声を出さずにできる舌のトレーニング

 

などを動画をまじえながらレッスンさせていただきます!

 

まずは舌の大きさを確認しよう!

 

これは歌っている時の舌の動きです。

 

 

舌は、目で見える部分だけではなく、赤丸で囲んでいる全体になります。

想像していたよりずっと大きいですよね。

 

 

そして、

歌うにあたり、子音や母音に合わせて舌を大きく動かさないといけないのですが、舌に無駄な力が入ってしまう人は高い声や大きな声を出そうとした時に舌に力みや硬直すると声が出なくなってしまうんです。

 

舌に無駄な力みがのこったまま、他のボイストレーニングを一生懸命しても効果が著しく薄れてしまいます。

 

 

逆に

 

『今まで高い声が出なかったけど、舌のボイストレーニングをコツコツしたら高い声が出るようにりました!』

 

という生徒さんも多くいました!

 

 

 

それぐらい歌う上で舌が大きく影響するので、私のレッスンでは、まず最初に舌のトレーニングを集中的に行っています。

 

 

今回のレッスンで紹介する内容は地味なものが多いですが効果抜群かつ健康・美容にいいのでぜひチャレンジして下さい!

 

【動画有り】舌の筋力と柔軟性を鍛えるボイストレーニングを紹介します!

それでは、舌の筋力と柔軟性を鍛える基礎ボイストレーニングを紹介しましょう!

 

冒頭に紹介した動画をまだ見てない方はご覧ください。

 

【動画の目次】
  • 0:00 オープニング
  • 0:44 「ラガ、リル、リチ、ガゴ、ギグ」トレーニング
  • 2:41 どうしても顎が動いてしまう、口が閉じてしまう場合は奥歯に割り箸をあてて発声しましょう!
  • 3:39 舌を出して「マン、ギ、グ」と発声する
  • 4:41 どうしても舌が奧に引っ込んでしまう人の対処法
  • 5:41 男性用練習音源1
  • 6:11 男性用練習音源2
  • 6:38 女性用練習音源1
  • 7:09 女性用練習音源2

 

それぞれのボイストレーニングの詳細を説明します!

 

「ラガ、リル、リチ、ガゴ、ギグ」トレーニング

※さきほどの動画0:44から説明してます!

 

「ラガ」「リル・リチ」「ガゴ・ギグ」という言葉を使いますが、

 

  • 顎を動かさずに
  • 口を指2本分ぐらい開けて
  • 舌を大きく動かして

 

の3点を注意して発声して下さい!

 

 

 

「ラガ」と発声する時に舌先と舌が上顎に交互に接触します。

この動きが舌全体の柔軟性と筋肉を鍛えてくれます。

 

 

「リル・リチ」と発声する時は舌先が細かく動きます。

この動きが舌先を動かす筋肉を鍛えると同時に柔軟性を確保してくれます。

 

 

「ガゴ・ギグ」と発声する時は舌奥が細かく動きます。

この動きが舌の奥を動かす筋肉を鍛えると同時に柔軟性を確保してくれます。

 

 

 

舌に力みのある人は、「ラガ」「リチ・リル」「ガゴ・ギグ」が上手く発音できません。

そういう方はゆっくりからでいいのでしっかり発音できる速度から始め、徐々にスピードを上げていきましょう!

 

 

また、

  • 「リル・リチ」は得意だけど「ガゴ・ギグ」が苦手
  • 「ガゴ・ギグ」は得意だけど「リル・リチ」が苦手

という方もいます。

 

 

そういう方は舌の筋肉に偏りがあるので苦手な方を重点的にトレーニングして下さい!

 

 

どうしても顎が動いてしまう、口が閉じてしまう場合は奥歯に割り箸をあてて発声しましょう!

※さきほどの動画2:41から説明してます!

 

どうしても顎が動いてしまう、口が閉じてしまう場合は奥歯に割り箸をあてて発声しましょう!

 

奥歯に割り箸をあてることで、顎の動きを固定して舌だけを動かす発声方法を体に覚えこませていきます。

 

 

注意点1

慣れないうちは、表情筋が偏ってしまうので割り箸を2本使い両方の奥歯にあてて発声しましょう。

 

 

注意点2

奥歯を噛みしめてしまうと、歯にも顎にも悪いので割り箸を奥歯で軽くあてるぐらいを心がけてください。

 

舌を出して「マン、ギ、グ」と発声する

※さきほどの動画3:39から説明してます!

 

舌を出して「マン、ギ、グ」と発声します。

 

 

注意点1

「マン」「ギ」「グ」と言おうとした瞬間に舌に力みが入って

  • 舌先が尖ったり
  • 舌がそり返ったり
  • 震えてしたり

する人もいますので注意をしてください!

そういう場合は、

鏡を見ながら声を出さずにただ舌を出し、「舌が力んでいないか」を確認してください!

 

 

注意点2

発声していくにつれて舌が奧に引き込まれないように注意をしてください。

最初は舌が引き込まれているかどうかを自分で判断するのが難しいので必ず鏡を見ながら行って下さいね。

 

どうしても舌が奧に引っ込んでしまう人の対処法

※さきほどの動画4:41から説明してます!

 

舌の力みが強い人は、最初のうちはどうしても舌が奧に引き込まれてしまいます。

 

 

そういう場合は、

舌先をハンカチなどで持って引っ張りながらボイストレーニングをしてください。

 

 

すると体がだんだんと舌に頼らない声の出し方を覚えてきますので徐々に舌が奧に引き込まれなくなってきます。

 

【美容にも効果あり!】声を出さずにできる舌のトレーニング

声を出さなくても舌のトレーニングも紹介しておきましょう。

 

とある矯正歯科さんが舌のトレーニングの動画をYOUTUBEで公開されていたのでご覧ください!

 

 

この舌のトレーニングは美容関連のテレビでよく紹介されていますね。

 

紹介されているだけあって効果抜群です、少しずつでいいのでぜに毎日行って下さい!

 

 

 

もう一つ日常でできる舌のトレーニングを紹介しておきましょう。

あなたは普段生活しているうちに舌をどこにポジショニングしていますか?

 

下記美容サイトにも紹介されていますが、正しい舌のポジションがあります。

 

引用:http://www.metlife.co.jp/customer/support/metlifeclub/begin/column/archives/p170615.html

 

普段の生活から舌を正しいポジションに保つ事により筋肉トレーニングができますので意識してみて下さい!

 

 

最初のうちは、

 

中々舌の脱力が上手くいかなくて心が折れてしまいそうになりますが、多くの生徒さんもそうでしたし、私自身も舌の力みにかなり悩まされました。

 

しかし、

1日5分でもコツコツとトレーニングを続けていれば必ず成果が出て少しづつ歌いやすくなってきます。

 

なのであせらず地道に頑張って下さいね!!