ヘッドボイスとは?出し方やトレーニング方法を解説します!
充実のオンラインボイストレーニングを提供中♪

オンラインでのボイストレーニングではその特性上対面のレッスンより劣ってしまうと思われがちです。

 

しかし当スクールでは、オンラインに特化したPC、I PAD、ミキサー、オーディオインターフェース、マイク、シンセサイザー、エレキアコースティックギターやWEBプログラムを駆使しすることにより、対面のボイストレーニング以上の環境でレッスンを提供しています!

 

今ならオンライン体験レッスンが
時間延長&無料のキャンペーン中!!

 

今回はミックスボイスを習得するのにも重要な「ヘッドボイス」に関する説明とボイストレーニングを紹介します!

 

ミックスボイスを習得する為にも重要なヘッドボイス。

 

 

高い声を鍛えていくときに

 

  1. 脱力してファルセット(裏声)をキレイに発声できようになる
  2. 裏声に声帯閉鎖を入れてヘッドボイスを発声できるようになる
  3. ヘッドボイスの声帯振動量を高めてミックスボイスで発声できるようになる

 

という順番をふむのですが、そもそもヘッドボイスとはなんなのでしょうか?

 

まずはそこから説明させていただきます!

 

 

※ファルセット(裏声)に関して分からない方はまずは下をご覧ください。

 

 

※声帯の閉鎖活動や振動量に関して分からない方はまずは下をご覧ください。

 

 

ヘッドボイスとはファルセット(裏声)の声帯閉鎖を高めたもの

結論から言うと、

「ヘッドボイスとはファルセット(裏声)の声帯閉鎖を高めたもの」です。

 

 

ファルセット(裏声)とは、

声帯の粘膜のみが振動し、声帯が閉鎖あまり閉鎖していない発声法です。

 

ヘッドボイスとは、

声帯の粘膜部分のみが振動しているが、声帯は閉鎖している発声法です。

 

 

整理しておくと

  • ファルセット(裏声)⇒声帯の振動:粘膜のみ / 声帯閉鎖:あまりしていない
  • ヘッドボイス    ⇒声帯の振動:粘膜のみ / 声帯閉鎖:閉鎖してる

となります。

 

 

※ファルセット(裏声)とヘッドボイスの声帯閉鎖の違いが分かる動画を紹介します!

(動画では、「息漏れのない裏声」と表現されているのが「ヘッドボイス」です。)

 

 

ファルセット(裏声)とヘッドボイスで声帯のひっつき具合が違うのが確認できますね!

 

 

ヘッドボイスは、頭に響いているような音色が名前の由来です。

 

クラッシックの世界では「頭声」と呼ばれたりしています。

 

ヘッドボイスを出す為のボイストレーニングを紹介!

それでは、次から具体的にヘッドボイスを出す為のボイストレーニングを紹介していきましょう!

 

「ファ」を使ったボイストレーニング

「ファ」という言葉を使ってボイストレーニングを行いましょう!

 

 

「ファ」という言葉は発声する時に息を使うので力みにくく、 声帯や声帯に関連する筋肉を柔軟にし、無駄な力みを取りやすくしてくれます。

 

ポイントは「ファ」と発声する時に、ファルセット(裏声)をベースにした、柔らかく軽い音を出す事を心がけて下さい。

 

 

注意点としては、低い音と高い音で音色を変えずに全ての音の高さでファルセット(裏声)をベースとした柔かい音色で発声できるようになりましょう。

 

「ファ」を使っても、柔らかく発声できない方は、できだけ小さな声で発声してみましょう

小さい声は声帯にかかる負担も少なくなるので軽い声を発声しやすくなります。

 

 

また、

低い音程からファルセット(裏声)で歌うような意識を持って下さい。

そうする事により、過度に入れてしまっている声帯への力を軽減する事ができます。

 

 

「ヨウ」を使ったボイストレーニング

次は「ヨウ」という言葉を使ったボイストレーニングの紹介です。

 

「ヨウ」という言葉は力みを軽減しやすいのと同時に高音発声時に喉仏けを下げやすいのでハイラリンクスの解消にも役立ちます。

 

なので、

喉仏けを下げる意識をもちながら高音部分を発声しましょう。

 

 

※ハイラリンクスについてわからない方はこちらをご覧ください!

 

 

 

ここで注意点を紹介しておきます。

「ヨウ」は「ファ」に比べて高音部分で若干力みを抜きにくい特徴をしています。

 

なので、キレイにファルセット(裏声)ベースの声で発声できない場合は空気を含む子音「h」の子音を混ぜて「ヒョウ」と発声しましょう。

 

そうする事で、ファルセット(裏声)ベースの声が出しやすくなります。

 

 

「ヒョウ」と「ヨウ」を交互に行い、最終的には「ヨウ」でもキレイにファルセット(裏声)ベースの声で発声できるようボイストレーニングを続けて下さい!

 

 

「フィ」と「ウィ」を使ったボイストレーニング

次は「フィ」と「ウィ」という言葉を使ってボイストレーニングを行いましょう!

 

母音の「イ」はヘッドボイスを発声しやすい上に「フィ」の子音の「F」との組み合わせ、「ウィ」の「ウ」と組み合わさると、さらにヘッドボイスが出しやすくなるので頑張ってください♪