ボイストレーニングと歌唱トレーニングはバランスよくやらないと上達が遅い!?
充実のオンラインボイストレーニングを提供中♪

オンラインでのボイストレーニングではその特性上対面のレッスンより劣ってしまうと思われがちです。

 

しかし当スクールでは、オンラインに特化したPC、I PAD、ミキサー、オーディオインターフェース、マイク、シンセサイザー、エレキアコースティックギターやWEBプログラムを駆使しすることにより、対面のボイストレーニング以上の環境でレッスンを提供しています!

 

今ならオンライン体験レッスンが
時間延長&無料のキャンペーン中!!

 

いがいかもしれませんが、ボイストレーニングだけしてても歌は上達しないんですよ。

ボイストレーニングで鍛えた能力をしっかり使って歌えるよう、実践練習=歌唱トレーニングも並行して行わないと歌は上達していかないんですよ。

今回は歌を上達させる為に重要な考え方をお伝えしたいと思います。

 

ここで話す内容は真面目で一生懸命な生徒さんほど陥りやすく、下手をすると一生懸命ボイストレーニングをやっているのにあまり歌が上達しないという悲しい結果になるので必ず1度は目を通しておいて下さい!

 

ボイストレーニングだけでなく歌の練習もしないと上達しない!?

最初に一番伝えたい事を書きます。

それは、

 

「歌を上達させる為にはボイストレーニングだけでなく並行して歌唱トレーニングもしないと、歌は上達しない」

 

という事です。

 

 

当たり前のように聞こえますが、とても重要な事なんです。

 

 

冒頭でも書きましたがボイストレーニングで高い声が出るようになったり、声量が上がったりはするのですが、それだけでは本質的な歌の上手さは上達しないんですよね。

 

 

【歌が上手くなる方法】現役ボイストレーナーが徹底解説するよ!」でも書きましたが重要なことなので、より詳しく説明しましょう。

 

 

もう一度歌唱トレーニングとボイストレーニングの違いを現した図をご覧ください。

 

 

歌唱トレーニングというのは、今現在あなたが持っている歌の基礎能力を最大限歌に活かす為の練習・トレーニングです。

 

 

それに対してボイストレーニングは歌の基礎能力値を上げる事を目的としています。

 

 

スポーツで言う所のボイストレーニングは走り込みや体力・筋力作り、素振りや部分練習などに該当します。

それに対して歌唱トレーニングは練習試合みたいなものです。

 

 

ボイストレーニングで身につけた様々なテクニックを歌に応用してく歌唱トレーニングを積まないと、いつまでも素振りや走り込みなどを行っているような状態なので上達が著しく遅くなってしまうのです。

 

ただガムシャラ歌うだけではだめですよ!

さて、ボイストレーニングと歌唱トレーニングをバランス良く行わないと歌が上達しない事を説明させていただきました。

 

ここでもう一つ重要な事をお話しすると、ただガムシャラに歌うだけでは歌は上達しません。

 

 

しっかりと曲の雰囲気・音程やメッセージに合わせて

  • 声量の調整
  • 抑揚の付け方
  • 声色の調整
  • 声帯の調整
  • 共鳴腔の移動
  • 母音・子音の発声方法
  • アクセントの付け方
  • 「しゃくり」や「フォール」

など、様々な歌唱テクニックを計算して歌わないと歌唱トレーニングにはなりません。

 

 

しかし、最初のうちは何をどのようにすれば歌が上達してくかが判断できないと思います。

そこでお勧めなのが、「歌を録音して聞く」という習慣です。

 

 

しかも1曲通して歌い録音するのではなく、

 

  • Aメロだけ
  • Bメロだけ
  • サビだけ

 

など、セクション単位に区切って録音して聞いたり、苦手な一部分だけを録音して聞くのがお勧めです。

 

 

録音して聞いてみて「何か盛り上がりがないな~、もう少し抑揚をつけてみようかな~」など色々考えながら歌っては録音して聞くという行為を繰り返します。

 

 

すると、自分の歌声に対する理解度やコントロール力が上がっていきますのでボイストレーニングと並行して行うと、急激に歌が上手くなっていきます。

 

 

録音機器は安いもので構いませんし、スマートフォンの無料アプリで十分です。

 

即効性があり効果抜群の練習方法なので騙されたと思ってぜひ挑戦してみて下さい!