思い通りに歌が上達できる人の共通点
充実のオンラインボイストレーニングを提供中♪

オンラインでのボイストレーニングではその特性上対面のレッスンより劣ってしまうと思われがちです。

 

しかし当スクールでは、オンラインに特化したPC、I PAD、ミキサー、オーディオインターフェース、マイク、シンセサイザー、エレキアコースティックギターやWEBプログラムを駆使しすることにより、対面のボイストレーニング以上の環境でレッスンを提供しています!

 

今ならオンライン体験レッスンが
時間延長&無料のキャンペーン中!!

 

年末に向けてレッスン、舞台やライブがたて込んでいて緊張感に溢れた毎日を過ごさせていただいています。

(うぉ~、頑張るぞ!!)

 

気づけば今年ももう終わりですね。

 

みなさんはどんな1年だったでしょうか?

 

 

今年、新たにレッスンに通って下さった生徒さんも多かったのですが思い通りに上達できた生徒さん達にはいくつかの共通点がありますので今回はその事について1つ書かせていただきます。

 

 

ボイストレーニングや歌の練習時に目的を持って録音し、復習している

思い通りに上達している生徒さんの多くは、ボイストレーニング時や歌っている時にこちらが指示しなくても録音をしています。

 

ここまでは、いたって普通の事なんですが重要なのは「目的を持って録音をしている」という点ですね。

 

 

具体的に言うと

「自分の歌や発声にはこういう課題があるから、それを克服する為にはどうしたらいいんだろう?」

 

と常に考えながら練習し、それを録音し、しっかりと復習しているという事です。

 

それらを意識していると、ただボイストレーニングをしたり歌の練習をするよりも断然上達のスピードは上がってきます。

 

 

ここでの注意点は、
ただ録音して聞くだけではあまり意味がないという事です。

 

毎回1点だけでもいいので、自分の課題を意識して練習し、それを録音し、聞くんですね。

 

例えば、
「高音から低音に下がる時にどうしても声が不安定になってしまう。

 

では、こういう発声を試してみたらどうだろう?

 

そして、実際にはどういう風に聞こえてるんだろう?」

 

という具合です。

 

 

なので、ボイストレーニングや歌の練習全ての時間を録音する必要はなくピンポイントで大丈夫なので、これら一連の流れを意識して練習する事が重要なんです!

 

 

そうは言っても、
ボイストレーニングをやり始めの頃は

 

「自分の課題が何か分からないし、どこを録音し聞けばいいか分からない!!」

 

という方も多いと思います。

 

 

そういう場合は、レッスンを全て録音して聞ききましょう。

 

そうすると、

「自分がイメージしていた声と実際に出している声の違い」

「先生が指導、指摘している内容」

 

などを客観的に聞く事ができるので少しずつ自分の課題明確に見えてくるようになります!

 

そして、録音機材は高価な物は必要なくスマホアプリで十分です。

 

今年、思うように歌が上達しなかった人はぜひ試してみてください!